HOME>注目記事>埼玉の産業廃棄物処理業者を選ぶ時のポイント

産業廃棄物と一般廃棄物の違い

簡単に言うと、産業廃棄物は事業活動で発生するごみで、一般廃棄物は一般家庭で発生するごみのことを指します。

埼玉県のおすすめ産業廃棄物業者とは

  • 埼玉県からの認可を得ている業者
  • 依頼したい廃棄物を処理できる業者
  • 回収費用が相場よりも安すぎない
  • 処理業者自らが産業廃棄物を処理している
  • 契約書をきちんと作成している業者
  • 処理工場やトラックの整備がしっかり行われている
  • スタッフの言葉遣いや対応が丁寧である
  • 処理工場など裏側をきちんと見せてくれる
  • 約束の日時に送れずに回収に来てくれる
  • 料金設定が明確に行われ追加料金などがかからない

引き取れるもの

ごみ

工事現場などで発生をした産業廃棄物を処理してくれる業者を探している場合、収集をしてくれるエリアで対応をしているところのほうがよいです。埼玉県内の業者であっても引き取ってもらえるものが異なっていることもあるので、事前にチェックをしておく必要があります。契約を交わした上で対応をしなければいけないこともあるので、まずは相談をするべきです。引き取り不可のものもあるのでどういうものが対象なのかも確認しておく必要があります。

コストのチェック

ごみ

埼玉県内の産業廃棄物処理業者の中にもコストの違いがあります。リーズナブルな価格で対応をしてくれればいいというわけではありません。中には不正処理をしてしまうところもあるので、どういうルートでの処分になるのか、というところまで確認をしなければいけません。コストを出来るだけ押さえることだけがよい、というわけではないので正しい処分をしているのかどうかも見極めておく必要があります。安心出来る業者を見つける必要があります。

注意が必要なもの

手

産業廃棄物処理業者の中には蛍光灯など特殊なものを専門に扱っているところもあります。埼玉県内でも対応をしているところがあるので、特殊なものの処分を希望しているのであれば、処分してくれるものをチェックしておくべきでしょう。